野菜ジュースの効果とおすすめランキング

野菜ジュースの効果は?おすすめのランキング

亜麻仁油が入っている野菜ジュースがオススメ

 

野菜ジュースでも色々なものがあるのですが、より健康的な体を目指すのであれば、亜麻仁油入りの野菜ジュースを飲むようにしてみてはいかがでしょうか?野菜ジュースの中に、少しだけ亜麻仁油を入れたものなのですが、最近、テレビでも紹介されるようになっており、取り入れているという人も増えてきています。

 

どうしてここまで人気になったのかというと、野菜ジュースに付け加えられている亜麻仁油が健康やダイエットにいいということが知られているからです。この亜麻仁油入り野菜ジュースを交換したのは、池谷医師という方なのですが、運動をする前に亜麻仁油を飲んだ場合、亜麻仁油を飲まなかったときと比べて、脂肪が6倍も燃焼することが出来たという実験データがでたのです。

 

この亜麻仁油を入れている野菜ジュースを飲むのであれば、どのタイミングで飲むのかもちゃんと考えるようにしましょう。飲むタイミングとしてベストなときというのは2つに分かれています。まず朝起きたばかりのとき、そして有酸素運動をする前に飲むというのが一番いいのだそうです。

 

どちらも、これから体を動かすというタイミングですね。体を動かす前に、亜麻仁油入り野菜ジュースを飲むことによって、脂肪を燃焼しやすくすることが出来るようになるのです。朝起きてから飲むようにすれば、通勤時に歩いたり、家事をしているときなどのように体を動かしているときに、代謝を活発にさせることが出来るようにあるため、志望を燃焼しやすくすることが出来るようになるのです。

 

ただし、亜麻仁油入り野菜ジュースがオススメとはいえ、過剰摂取をしないようにしましょう。亜麻仁油の油の仲間になっているわけですので、摂取しすぎてしまうとカロリーを摂取しすぎてしまうことになりかねません。亜麻仁油は、一日に小さじ2杯くらいが望ましいとされていますから、それ以上は亜麻仁油を飲まないようにしましょう。

 

糖尿病を野菜ジュースで改善することはできるの?

 

かつてノーベル平和賞の受賞をした、アルベルト・シュバイッファー医師という方がいます。アルベルト氏は、医師として活動をするようになってから、医療技術を伝えるべくアフリカに渡り、その功績からノーベル平和賞を受賞することになったのです。

 

ちなみにアルベルト氏は、30歳のときに医師になったのですが、それまでは哲学者として活動をしたり、オルガンの奏者でした。このアルベルト氏が糖尿病の治療として考案したのが、ゲルソン・セラピーといわれる治療法です。1日に13回も野菜ジュースを飲むという変わった治療法になっています。

 

医学的に証明されているわけではないのですが、栄養バランスもカロリーも一定だった場合、野菜や果物で炭水化物の摂取をするようにしたほうが、ヘモグロビンA1C値が改善されるというデータもあります。糖尿病を発症している人にとって、このヘモグロビンA1C値というのは、とても馴染みがある数値ですよね。

 

しかし、このゲルソン・セラピーにも注意点があります。まず販売されている野菜ジュースというのは、果物がかなり含まれてしまっているものが少なくありません。

 

炭水化物というのは、血糖値の上昇を促してしまうのですが、果物というのは、かなりの量の炭水化物が含まれてしまっているのです。ですので、この方法を市販の野菜ジュースで行ってしまうと、大量に炭水化物を摂取してしまうことになり、糖尿病を悪化させてしまう危険性があります。

 

なので、ジューサーに生野菜を入れて、自分で野菜ジュースを作って呑むようにした方が良いでしょう。生野菜でフレッシュジュースを造ったら、小さじ1杯のエキストラバージンオイルを入れて飲むようにすることをオススメします。これによって、脂溶性のビタミンを吸収しやすくすることができるようになり、効果を高めやすくすることが出来るようになります。

 

日本人医師である横山淳一医師によると、スムージーにしたらオリーブオイルをかけて飲むようにした方が良いとされています。糖尿病を発症すると、多尿になりやすくなります。これによって、体の中のミネラルが大量に体外に排出されやすくなってしまい、体にミネラルが足りない状態になりやすいことが理由だと述べています。

 

ミネラルの中でもマグネシウムの排出量が多くなっているのですが、このカルシウムは歯や骨にも必要ですし、控訴の作用のサポートをするために必要です。ですので、野菜ジュースやスムージーを作るのであれば、ブロッコリーやホウレンソウなどのように、マグネシウムが豊富に含まれている野菜を使うようにしましょう。

 

野菜ジュースダイエットのメリット

 

市販されている野菜ジュースを使うのではなく、手作りの野菜ジュースで野菜ジュースダイエットをすることをオススメします。どうして市販されている野菜ジュースは良くないのかというと、糖類がたくさん含まれていてしまっていて、ダイエットの妨げになってしまうからです。

 

自分で野菜ジュースを作れば、糖類を摂取しなくてもいいですから、効率よくダイエットをしていくことが出来るようになるのです。この野菜ジュースを作るのは簡単です。

 

ミキサーに自分好みの野菜を入れて、ちょっとだけ牛乳や水を入れてミキサーを回すだけで完成です。牛乳などではなく、豆乳を活用することによって、美容に言いといわれているビタミンEやビタミンB群、イソフラボンなども同時に摂取できるようになるのでお勧めです。

 

ただし、野菜ジュースというのは、鮮度が命ですから、大量に野菜ジュースを作って、保存をしておくということはしないようにしましょう。時間が経過してしまうと、栄養素が酸化してしまい、しっかり栄養補給をすることが出来なくなってしまいます。

 

この他にも、もっと飲みやすくしようと思って、果物も一緒にミキサーに入れてしまう人もいるのですが、果物を使いすぎてしまうと、加藤が大量に含まれてしまい、ダイエットの妨げになります。ですので、果物を使うのであれば、果物は全体の1割程度に留めるようにしてください。

 

プチ断食にも野菜ジュースは相性がいいのです。最近は、プチ断食をしてダイエットをするという方法も流行しているのですが、このプチ断食に野菜ジュースとの相性はいいです。

 

プチ断食は、体の中の老廃物や毒素を排出してデトックスをすることができるということで人気になっているのですが、野菜ジュースを飲むことで、野菜に含まれている酵素を取り込んで、便を排泄しやすくなります。そのため、デトックス作用を高めやすくすることが出来るようになるのです。

 

ダイエットをしていると、お腹がすいてしまったり、食べたい物を食べることができずに、イライラ感を感じることが多いのですが、野菜ジュースを飲むことで野菜の甘みを楽しむことができるため、このイライラ感を解消しやすくすることが可能になります。

 

更新履歴

メニュー