野菜ジュースとスムージーは何が違っている?

野菜ジュースとスムージーは何が違っている?

最近、健康を気にしている人たちの間でスムージーと野菜ジュースというのは、何が違っているのでしょうか?美容番組などでもスムージーが数年前から紹介されるようになり、スムージーはダイエットや美容にも適している飲み物だということが知られるようになって来ています。

 

ただ、スムージーという言葉は知っていてもどんなものなのかを具体的に知らないという人も多いです。スムージーというのは、凍っている野菜や果物を材料にして作られた飲み物にあっています。つまり、ミキサーを使って造った野菜ジュースをシャーベットのようにしたものだというイメージでいいかと思います。

 

凍った野菜や果物ではなくてはならないというわけではなく、生の状態でミキサーにかけても問題ありません。このように考えると、野菜ジュースとスムージーは呼び方が違っているだけで何も変わっていないのではないかと感じた人もいらっしゃることと思います。

 

確かに野菜や果物を使っているという点は野菜ジュースとスムージーは同じなのですが、明らかに違っている点もあります。何が違っているのかというと、野菜ジュースでは葉野菜は使っていませんが、スムージーでは生の葉野菜を材料にしているのです。

 

この葉野菜に分類されているものとして、小松菜やレタス、白菜などといった野菜が分類されているのですが、葉野菜というのは、葉の部分に、食物繊維やミネラル、ビタミンなどのように健康や美容にいいといわれる成分が豊富に含まれているのです。

 

これが健康や美容に良い飲み物としてスムージーが注目されている理由になっているのです。野菜ジュースでも葉野菜は使われていますが、スムージーと比べると圧倒的に葉野菜の量が少ない状態になっています。ですので、スムージーよりも栄養価が少なくなってしまっているのです。

 

葉野菜があまり使われていなくても、販売されている野菜ジュースは果物が使われているのだから別に問題はないんじゃないの?と思った人もいるでしょう。ただ、メーカーなどが販売している野菜ジュースは、殺菌などをするために熱が加えられています。

 

ですので、ビタミンCなどのような栄養素が壊れてしまい、野菜のようにしっかり摂取することができない状態になってしまっていることがほとんどです。スムージーの場合は、生の状態の野菜をミキサーにかけるだけですから、葉野菜に含まれている健康に良い働きや美容に良い働きを持っている栄養素をそのまま効率よく摂取することが可能になっているのです。

 

特に普段外食をしていたり、野菜を食べる機会が少ないという人の場合は、野菜に含まれている栄養素をしっかり摂取することが出来ていないでしょう。

 

だからといって、十分な寮の野菜を食事で食べようと思ったら、献立を考えたりするのも面倒になってしまうかもしれません。スムージーの場合は、ミキサーに入れてすぐに作ることができるようになっていますから、忙しくても実践を続けられるようになっているという点もメリットになっているのです。

メニュー
最新記事