脂質異常症に効果的なトクホの成分

近年、生活習慣病の原因に脂質異常症(高脂血症)が注目されています。そのため、これを解決するために有効な特定保健用食品も増えているのですが、どういった成分が本当に有効なのでしょうか。

 

こうした成分はいくつかありますが、たとえばキトサンという成分があります。これはエビやカニなどの甲殻類に含まれているものですが、腸内で水分を吸収してくれるのですが、胆汁を吸着するので脂肪の吸収を妨げ、体外に排出するために有効です。こうした効果があるものとしては、他にも食物繊維や低分子化アルギン酸ナトリウム、大豆たんぱく質も同様の働きをします。

 

大豆に含まれる成分の中には、リン脂質結合大豆ペプチドと呼ばれるものもあり、これはコレステロールを包み込んで腸管内で吸収されることを防止してくれます。また、植物ステロールにも同様の効果を発揮します。また、緑茶に多く含まれる茶カテキンは、コレステロールを原材料として生産される胆汁酸からコレステロールを抜き取り、吸収を妨げて体外への排出を促します。

 

そして、ブロッコリーやキャベツ由来の天然アミノ酸あ、コレステロール代謝を促進して胆汁酸への変化を促進させる作用があります。こうした多くの成分があ高脂血症の予防や改善に有効と見られていますが、基本的には即効性を期待するものではなく、継続した利用が前提になっています。偏った食事にならないように注意しつつ、補助的に用いて脂質異常症の改善に役立てましょう。こちらで詳しく>>>脂質異常症サプリメント比較なび

メニュー
最新記事